【月額1000円】レンタルサーバー ヘテムル(heteml)のベーシックプランで表示速度をベンチマーク

レンタルサーバー

テストするWordPress

・sampleサイト
WordPress 5.4
テーマ:Twenty Seventeen
3000文字のテキストと3枚の画像の同ページを100記事アップ
1ページ容量 2.2MBくらい
単一ページテスト
プラグイン:
簡単インストールでデフォルトインストールされる4つ+Edit Author Slug
Akismet Anti-Spam(無効)
Hello Dolly(無効)
Site Kit by Google(有効)
SiteGuard WP Plugin(有効)
Edit Author Slug(有効)

ヘテムル(heteml)サーバーのコンテンツキャッシュ:ON

・当サイトのクローン
WordPress 5.4
テーマ:cocoon
トップページでテスト

ヘテムル(heteml)サーバーのコンテンツキャッシュ:ON

ベンチマークツール

PageSpeed Insights と GTmetrix(カナダサーバー)
平日夕方測定

結果

sampleサイトの単一記事ページ

GTmetrix

2~3分間隔で5回測定
Fully Loaded Time(秒)
1回目:3.5
2回目:2.8
3回目:2.5
4回目:3.3
5回目:2.8

PageSpeed Insights

30秒間隔くらいで5回測定(モバイルテスト結果はスルー)
速度インデックス(秒)
1回目:1.2
2回目:1.2
3回目:1.2
4回目:1.2
5回目:1.1

なぜか、カナダサーバーからのGTmetrixテストと直接PageSpeedサイトでのテストで
差が開きました。
GTmetrixで2秒ジャストくらいを連発すると思ったので意外です。
回線経路にネックがあったのでしょうか?
それにしても実用上問題ない結果ですが。
実際自分のブラウザで見るとサクサク表示されるのはPageSpeedサイトの結果どおりです。

当サイトクローンのトップページ

GTmetrix

2~3分間隔で5回測定
Fully Loaded Time(秒)
1回目:2.8
2回目:3.5
3回目:3.4
4回目:2.7
5回目:3.8

PageSpeed Insights

30秒間隔くらいで5回測定(モバイルテスト結果はスルー)
速度インデックス(秒)
1回目:0.9
2回目:0.9
3回目:0.9
4回目:1.0
5回目:0.9

この結果もカナダサーバーからのGTmetrixでは時間がかかってますが、
同日にテストしたレンタルサーバー カラフルボックスでも同じ傾向が出ています。

まとめ

気が付いたことがあります。
今までベンチマークしたレンタルサーバーでGTmetrixのYSlowスコアがCランクと出るのは、ロリポップ、スターサーバー、ヘテムルでした。
スコアの足を引っ張るのは、
Add Expires headers の指摘で、画像を多く使うサイトではページ全体の表示速度に影響する項目です。
多くの高機能WordPressテーマを使って設定すれば改善できますし、
下記の別記事に手動で解決する一例があるので見てください。

それはそうとして、
レンタルサーバーの簡単インストール機能で設置した素のWordPressでも、
レンタルサーバーによってはうまく調整されているのか、
Add Expires headers のマイナスポイントがなくBランクのYSlowスコアが出るものがあります。
特にカラフルボックス BOX2プランのベンチマークではAランク(92%) と高機能無料テーマで高速化設定したほどのYSlowスコアなのには感心しました。

しかし、それはアフィリエイトバナーを張るといくつかが
Add Expires headers の指摘を受けてYSlowスコアはCランクに下がります。
当サイトはテーマcocoonでYSlowスコアCランクですが、当サイトクローンの表示速度に影響は出てないので問題ありません。

最後に、レンタルサーバー ヘテムル(heteml)は月額1000円クラスのサーバーとして、
最近のトレンドであるクラウド型サーバーと肩を並べるパフォーマンスの良いレンタルサーバーと言えるのではないでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ←ポチッとお願いします
おすすめレンタルサーバー公式ページ
レンタルサーバー
おすすめレンタルサーバー|ロリポップ!スタンダードプラン
LINEモバイルなら年齢認証もOK!

当サイトおすすめ中古ノートパソコン3万円台
買いたい順ランキング
(時々更新)2020/06/27更新
3万円台で買える上限スペックのノートPCをPick Up!
☆は独断と偏見です。
人気のスペックは早く売り切れますので、悩んでいる方はお早めに。
下記を基準に選びました。
Windows 10 64bitできればhome よりPro
第3世代Core i5以上
15インチ以上
メモリー8GB以上
SSD
USB3.0あり・Webcamあり

できれば
光学ドライブDVDマルチ以上
内蔵無線LAN・Bluetooth

2020年になって3万円台で第4世代Core i5ノートパソコンが出回ってきました。
中古ノートパソコンではなかなかWi-Fi/Bluetooth内臓モデルは数が多くありません。

おすすめMRR参加ショップ
NEC VersaPro VK23T/X-R 第6世代 Corei5 6200U Windows10 Pro 39,800円

1位は、Windows10 Pro、ウェブカム・テンキー・Wi-Fi(IEEE802.11ac対応)・Bluetoothすべて内蔵

TOSHIBA dynabook Satellite B554/M Core i5 4210M Windows10 home 34,010円

Windows 10 Home 64bit、(Win10 Proではなかったのが残念)
ウェブカメラ有でWi-Fi IEEE802.11a/b/g/n・Bluetooth内臓はうれしい。

東芝 dynabook B554/U Core i5 4310M Windows 10 Pro 32,780円

ウェブカム無しだがコスパはいい

TOSHIBA DynaBook B65/W 第五世代 Core i5-5200U 2.20-2.70GHz

前回の第1位。久々に見つけた、ウェブカム・テンキー・Wi-Fi・Bluetoothすべて内蔵

よろしければフォローお願いします。
ロックギターとパソコンと、う〜んペットはいない