【月額1000円】クラウド型レンタルサーバー カラフルボックスの管理画面を見てみよう

レンタルサーバー

XSERVERのライバルとしてカラフルボックスはどうなのか

月額1000円前後で使えるBOX2プラン

WordPressの表示速度ベンチマークサイトでは常に上位のカラフルサーバー。
当サイトのクローンで試してみたが、表示速度の数値上の差は感じず、
サクサク表示されます。

サブドメインでのお試し期間中でも COMODO を認証局とする無料SSLが自動設定され、
SSH接続も使えます。
カラフルボックス経由でドメイン取得するときに提携しているレジストラは
バリュードメインです。
チャット&メールサポート付きで
データセンターは東京と大阪にあり好きな方を選べます。
契約したサーバーがない方のデータセンターに自動バックアップデータは保管されるので災害に強いということです。

XSERVERと違い、サーバー契約と同時に契約期間中は永久無料の独自ドメインはもらえません。

カラフルボックスの管理画面は cPanel

月額500円前後のレンタルサーバーで紹介した JETBOY と同じですね。

サーバー管理に cPanel を使っている場合、
アカウント画面とサーバー管理画面が別になっていて、
それぞれユーザー名・パスワードが違うことが煩わしいですが、カラフルボックスもそうなっています。
※XSERVERはcPanelではないが、やはり二つログイン画面がある
アカウント登録が終わるまでに4通メールで通知が来ますが、うち一つはアカウント情報が書かれてるので保存します。

WordPressインストール

アカウント登録の際、
WordPress快速セットアップを→WordPress自動インストールにして
3項目入力すればOKです。

カラフルボックスのアカウント画面

サーバー管理画面 cPanel にログインするには
上記画面から、「サービス」→「購入済みサーバー」

対象ドメインの契約中をクリック

対象ドメインの「契約中」クリックで
WordPressインストールしたサブドメインのページになります。
※WordPressのログイン情報を忘れたらこの画面で確認できます。

次に、「アクション」欄の「cPanelログイン」ボタンクリック

別タブで 自動でログインし、cPanel が開きます。

ファイルマネージャー

自動ログインされて開けます。
.htaccessファイルが見当たらないと思ったら、
設定アイコンから「非表示のファイルを表示する」としたらすべてのファイルが見つかります。

独自SSL設定

自動でされますがしばらく時間がかかります。
普通、本契約後に設定できるところが多いと思いますが、
カラフルボックスはお試しでも自動設定で、COMODO発行の無料独自SSLなのはおすすめです。

SSH接続も使えます

ターミナルやWinSCPなどのクライアントで接続したい場合、簡単に利用開始できます。
この辺はマニュアルがあるので安心です。
これも本契約後のところが多いのに即利用設定できます。

LiteSpeed Web Cache Manager

なんのこっちゃと思ったら、
WordPressプラグインのLiteSpeed CacheをcPanel経由でインストール・管理する機能です。
マニュアル的な画面もすべて英語なので初めてには分かりずらいです。
ですが、LiteSpeedサーバーのWordPressには必須といってもいいほどのキャッシュ系プラグインなのでおすすめです。

データベース操作

WordPress快速インストールで自動生成されたデータベースは管理画面でパスワードが確認できません。
削除は削除ボタンがありますし、phpMyadminも自動ログインされるので必要になる場合はあまりないかもですが、確認はWordPressディレクトリのwp-config.phpファイルを見るしかないようです。

まとめ

カラフルボックスはWordPress表示速度のベンチマークサイトでは上位ですし、
人気が出てきているんじゃないかと思います。
公式サイトでも個人人気はBOX2プランとしているようです。
後発のサービスなのでサーバーの収容人数がまだ上限に達していなかったりしていたら
何十万人とユーザーがいる大手サーバーより穴場かもしれません。

今回他社、ミックスホストもお試ししてみたかったんですが、
30日間返金保証はありますが、実際本契約しないと使えないのでスルーしました。
さて、サーバー管理はcPanelですが(ミックスホストも)、
初めてレンタルサーバーを借りる人には使いずらさがあるように思います。
高機能なんですが、アイコンの文字だけでは何の項目かわからなかったり
ログイン画面が2種類だったり、マニュアルもそんなに充実しているわけでなく、
あっても英文のままだったり・・・
でも、WordPressメインなら最初の設定が終われば、あとはWordPress本体の管理画面を扱うことがほとんどでしょうから、初心者でも問題ないっちゃ問題ない。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ←ポチッとお願いします
おすすめレンタルサーバー公式ページ
レンタルサーバー
おすすめレンタルサーバー|ロリポップ!スタンダードプラン
LINEモバイルなら年齢認証もOK!

当サイトおすすめ中古ノートパソコン3万円台
買いたい順ランキング
(時々更新)2020/06/27更新
3万円台で買える上限スペックのノートPCをPick Up!
☆は独断と偏見です。
人気のスペックは早く売り切れますので、悩んでいる方はお早めに。
下記を基準に選びました。
Windows 10 64bitできればhome よりPro
第3世代Core i5以上
15インチ以上
メモリー8GB以上
SSD
USB3.0あり・Webcamあり

できれば
光学ドライブDVDマルチ以上
内蔵無線LAN・Bluetooth

2020年になって3万円台で第4世代Core i5ノートパソコンが出回ってきました。
中古ノートパソコンではなかなかWi-Fi/Bluetooth内臓モデルは数が多くありません。

おすすめMRR参加ショップ
NEC VersaPro VK23T/X-R 第6世代 Corei5 6200U Windows10 Pro 39,800円

1位は、Windows10 Pro、ウェブカム・テンキー・Wi-Fi(IEEE802.11ac対応)・Bluetoothすべて内蔵

TOSHIBA dynabook Satellite B554/M Core i5 4210M Windows10 home 34,010円

Windows 10 Home 64bit、(Win10 Proではなかったのが残念)
ウェブカメラ有でWi-Fi IEEE802.11a/b/g/n・Bluetooth内臓はうれしい。

東芝 dynabook B554/U Core i5 4310M Windows 10 Pro 32,780円

ウェブカム無しだがコスパはいい

TOSHIBA DynaBook B65/W 第五世代 Core i5-5200U 2.20-2.70GHz

前回の第1位。久々に見つけた、ウェブカム・テンキー・Wi-Fi・Bluetoothすべて内蔵

よろしければフォローお願いします。
ロックギターとパソコンと、う〜んペットはいない