【月額1000円】ロリポップ!ハイスピードプランでWordPressの表示速度ベンチマーク

レンタルサーバー

WordPress条件

WordPressバージョン:5.2.4
プラグイン:Edit Author Slug のみ有効化
テーマ:Twenty Seventeen
1ページ3000文字+異なる画像3枚表示(元画像約1MBのサムネイル表示)
同ページを100記事投稿

別記事で月額500円前後のレンタルサーバー5社でWordPressの表示速度のベンチマークを行った時と同じサンプルサイトのクローンでテストします。
ベンチマークツールはGTmetrix無料版とGoogle PageSpeed。
単一記事ページで行います。

GTmetrixで測定結果

ベンチマーク1.ロリポップ!アクセラレータ有効

表示速度がカナダからのアクセスで2秒以下を連発するので、
月額500円前後のサーバーとの差が見られますね。
スコアの方はサーバーによって差があるというより、
テーマTwenty Seventeen では 月額1000円クラスのサーバーでも変化ありません。

ロリポップ!ハイスピードプランのGTmetrixベンチマーク結果ーロリポップ!アクセラレータ有効

ベンチマーク2.ロリポップ!アクセラレータ無効

WordPressプラグインの「LiteSpeed Cache」有効
(ハイスピードプランのようにLiteSpeed サーバーでないと効果ありません)
YSlowのスコアが90点台になるのは使ってみる価値があるプラグインのようです。

ロリポップ!ハイスピードプランのGTmetrixベンチマーク結果ーLiteSpeed Cache プラグイン有効

ベンチマーク3.のWordPressテーマをCocoonに変える

当サイトで使わせてもらっている無料テーマ Cocoon に変えてみると、
高機能なため表示内容も増えページ容量が増えてリクエスト数も増えているのが分かります。
PageSpeedスコアは上がっていますが、YSlowスコアは3ポイント下がっています。
表示速度にはさほど影響はないようです。

さらに、Cocoon 高速化設定をすべて有効にする

Cocoonの高速化設定をすべて有効にするとどうでしょう?
WordPressの動作が調整され、ページ容量もリクエスト数も減りました。
表示速度は2秒を超える値も出ますが、優秀な結果となっています。
スコアは高得点となり、同じコンテンツで勝負する競合サイトにSEO的に引けを取らないようにするには重要です。
ただし、多数のウィジェットやプラグインを使用したりアフィリエイトタグを貼るとスコアは下がる傾向にあるので、要注意です。

PageSpeedサイトで測定した結果

テーマ Twenty Seventeen に戻りましょう。
GTmetrixではPageSpeedとYSlowの結果を与えてくれますが、
カナダのサーバーからのベンチマーク結果でした。
Google PageSpeedは国内サーバーだと思われるのでその結果です。
プラグイン「LiteSpeed Cache」有効

ロリポップ!ハイスピードプランのPageSpeed PC表示ベンチマーク結果ーLiteSpeed Cache プラグイン有効
ロリポップ!ハイスピードプランのPageSpeed モバイル表示ベンチマーク結果ーLiteSpeed Cache プラグイン有効

PCサイト表示では
速度インデックスが1.1秒と、月額1000円クラスの高速サーバーがうかがえます。
一方、モバイルサイト表示では
速度インデックス6.8秒と、月額500円クラスのレンタルサーバー同じような結果が出ています。
WordPress 5.2 にデフォルトでインストールされるテーマ Twenty Seventeen では
このような傾向があるようです。
(追記)
あ、モバイルテストは3G回線での結果なので気にすることはありません。
実際、Wi-Fi接続のスマホではサクッと表示されます。

まとめ

構造化データ テストツールの紹介

GTmetrix などの測定サイトで得られるサイトスコアともう一つSEOの観点から気にしたいのは、Googleが提供している「構造化データ テストツール」です。
ウェブ上で自サイトのURLを入力するだけで、Googleが推奨する構造化データ(スキーム)に適合しているかが分かります。
ここでエラーが出ると改善した方がいいのですが、それができるのはウェブ開発者のように知識を持った人たちだけだと思います。
WordPressテーマ選びとしては、エラーが出ないテーマ選びをするということでいいと思います。

WordPressテーマ選びの重要性

個人でも手が届く月額1000円クラスのレンタルサーバーでは今まで主流であった Apache サーバーから nginx や LiteSpeed がトレンドとなり、
オールSSD化も進んでいるようで、月額500円前後のレンタルサーバーとは一線を引いたスペックを提供してもらえます。
サイトの表示速度についてはサーバープランのスペックに依存するところが大きく、
GTmetrixなどで分かるサイトスコアはWordPressであればそのテーマの出来や、設定できる項目により変化しますし、スコアが下がる要素をカスタマイズできる知識のある方はそれによりスコアアップが期待できます。

WordPressのテーマ選びは、外見のデザインやその機能などであらかじめ決めていた方が、運用始めてから記事作成に専念できます。
レンタルサーバー各社、無料お試し期間があるので実際使ってテストサイトでいろいろなテーマを適用して表示速度やサイトスコアも計測してみるといいのではないでしょうか。

今回テストしたのはロリポップ!ハイスピードプラン

2019/9月にスタートしたロリポップ!レンタルサーバーのハイスピードプランは、
月額1000円から使える表示速度が速い高スペックサーバーを提供してくれます。
現在ロリポップの下位プランを使っているユーザーが予算に見合えばアップグレードしたくなるプランで、これからレンタルサーバーを借りる方にも一考の価値あるサーバーです。
高機能サーバーでありながら、初~中級者向けの必要十分のメニュー構成で非常に使いやすいレンタルサーバーです。
下記記事で紹介しているので一読ください。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ←ポチッとお願いします
おすすめレンタルサーバー公式ページ
レンタルサーバー
おすすめレンタルサーバー|ロリポップ!スタンダードプラン
LINEモバイルなら年齢認証もOK!

当サイトおすすめ中古ノートパソコン3万円台
買いたい順ランキング
(時々更新)2020/06/27更新
3万円台で買える上限スペックのノートPCをPick Up!
☆は独断と偏見です。
人気のスペックは早く売り切れますので、悩んでいる方はお早めに。
下記を基準に選びました。
Windows 10 64bitできればhome よりPro
第3世代Core i5以上
15インチ以上
メモリー8GB以上
SSD
USB3.0あり・Webcamあり

できれば
光学ドライブDVDマルチ以上
内蔵無線LAN・Bluetooth

2020年になって3万円台で第4世代Core i5ノートパソコンが出回ってきました。
中古ノートパソコンではなかなかWi-Fi/Bluetooth内臓モデルは数が多くありません。

おすすめMRR参加ショップ
NEC VersaPro VK23T/X-R 第6世代 Corei5 6200U Windows10 Pro 39,800円

1位は、Windows10 Pro、ウェブカム・テンキー・Wi-Fi(IEEE802.11ac対応)・Bluetoothすべて内蔵

TOSHIBA dynabook Satellite B554/M Core i5 4210M Windows10 home 34,010円

Windows 10 Home 64bit、(Win10 Proではなかったのが残念)
ウェブカメラ有でWi-Fi IEEE802.11a/b/g/n・Bluetooth内臓はうれしい。

東芝 dynabook B554/U Core i5 4310M Windows 10 Pro 32,780円

ウェブカム無しだがコスパはいい

TOSHIBA DynaBook B65/W 第五世代 Core i5-5200U 2.20-2.70GHz

前回の第1位。久々に見つけた、ウェブカム・テンキー・Wi-Fi・Bluetoothすべて内蔵

よろしければフォローお願いします。
ロックギターとパソコンと、う〜んペットはいない