スマホ画面をパソコンからライブ配信するためのミラーリングソフトはAirDroidがおすすめ

スマホカメラを横向きにミラーリング Windows10 備忘録

AirDroidならカメラ映像も横向きでミラーリングできる

パソコンからライブ配信するにはWebcamがあれば、後は配信ソフトを使うだけですね。
プラットフォームにはYouTubeやツイキャスなど様々です。
ですが、作業風景などをライブ配信したい場合、スマホをWebcam代わりに使いたいと思ったことはありませんか。

今回思い立ったのはWindowsとAndroidスマホです。

定番のオープンソース配信ソフトOBSはパソコン画面を複数キャプチャーできるのでPCのWebcamと合わせて2画面配信も可能になります。
そこでよくミラーリングソフトが紹介されていますが、
スマホカメラを横向きに撮影してもスマホ画面が縦にパソコン上に映し出されます。
※ 自動回転に対応したアプリはそれに応じて横向きにミラーリングされます。

AirDroidの「カメラ」ボタンを使う

AirDroidではスマホカメラをパソコンから起動してモニターする機能があり、ミラーリングされたウィンドウを90度ずつ回転させることができるので、撮影した向きに合わせて配信できます。
下の画像はAirDroidで「ミラーリング」ボタンを使ったところ。
スマホの配信アプリではカメラを横向きに配信できるのは普通ですが、パソコンでは縦向きにしか配信できないのでは不自然です。

下の画像は、「カメラ」ボタンを使ったところ。
スマホで撮影した向きでミラーリングされるので、これをライブ配信するも、キャプチャーして動画をアップロードするも可能ですね。

AirDroidでカメラモニターする方法

無料・アカウント作成無しで、スマホ・パソコン間のファイル転送などができるスマホ管理ソフトですが、その中のカメラ機能に焦点を当てます。
※ アカウント作成しない場合リモートコントロール機能など一部機能が制限されます。

アカウント作成不要

アカウント作成すると無料の「ベーシック」と有料の「プレミアム会員」があり、
リモートコントロールやインターネット越しにファイル転送できるようですが、
インターネット経由の使い方ではスマホのパケットを消費しますし、転送量やファイルサイズ制限があります。
なのでミラーリングやファイル転送を自宅でする場合、アカウント作成は不要です。

ローカルのWi-Fiルーター経由で使います

スマホとパソコンは同じWi-Fiネットワークにつなぎます。
カメラ機能・ファイル転送含めインターネットの内側で行うので、パケットは消費しません。
転送量やファイルサイズ制限もありません。(これはありがたい!)
「サインインが必要」の旨のメッセージが出る機能はアカウント作成しないと使えません。

スマホにAirDroidをインストール&起動

Android版、iOS版があります。

パソコンにソフト必要なし(AirDroid Web)

スマホでAirDroidを起動後、
http://web.airdroid.com にブラウザでアクセス。
※ ブラウザの指定は特にないと思います。

「HTTPS経由で接続」のチェックを外す。
次にスマホアプリから上記QRコードを読み込む。

スマホ画面で「サインイン」をタップ。

これでローカル接続されました。
ブラウザのAirDroid画面で「カメラ」ボタンを押せばリモートでスマホカメラが起動し、ブラウザ上にモニターされます。
この時スマホではカメラ画面にはなりません。

tubepack
tubepack

追記
注意!

スマホ側でもカメラ起動すると、AirDroidではモニターできません。

スマホカメラ無操作時間が続くとスタンバイ状態になるからか?
節電のためスマホ画面を消しているからか?
パソコンにミラーリング中に少し時間が経つと画像がライブでなく静止画状態になるようです。

同じローカル接続でもweb.airdroid.comの代わりに、
192.168.0.12:8888 にアクセスする方法があります。
そうすると広告が表示されないのに加えて、あらかじめ使えない機能は表示されません。
「ミラーリング」ボタンは「スクリーンショット」と名前を変えて表示されます。
AirDroidサポートサイト(英語)にはアカウント作成無しで利用できるこのLite modeはWeb版のみと書かれています。

AirDroid Web版でスマホカメラ映像をキャプチャー・ライブ配信する

配信ソフトOBSはウィンドウ単位でキャプチャーするので、AirDroidにアクセスしているブラウザ ウィンドウをキャプチャーします。
その場合カメラ映像を全画面表示した方がAirDroidの元画面が映り込まずに良いです。

上記は配信ソフトOBSでスマホカメラ画面をキャプチャーしたところ。
下記は、配信ソフトN Airでニコニコ動画に配信テストした時の動画です。

デスクトップクライアントもダウンロードできる

スマホアプリに加えてデスクトップクライアントをパソコンにインストールすれば、
アカウント作成して無料版の「ベーシック」が使えます。
デスクトップ版は使ったことがないですが、どちらかキャプチャーしやすい方を使う手もあります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ←ポチッとお願いします
Windows10 備忘録
おすすめレンタルサーバー|ロリポップ!スタンダードプラン
LINEモバイルなら年齢認証もOK!

当サイトおすすめ中古ノートパソコン3万円台
買いたい順ランキング
(時々更新)2020/06/27更新
3万円台で買える上限スペックのノートPCをPick Up!
☆は独断と偏見です。
人気のスペックは早く売り切れますので、悩んでいる方はお早めに。
下記を基準に選びました。
Windows 10 64bitできればhome よりPro
第3世代Core i5以上
15インチ以上
メモリー8GB以上
SSD
USB3.0あり・Webcamあり

できれば
光学ドライブDVDマルチ以上
内蔵無線LAN・Bluetooth

2020年になって3万円台で第4世代Core i5ノートパソコンが出回ってきました。
中古ノートパソコンではなかなかWi-Fi/Bluetooth内臓モデルは数が多くありません。

おすすめMRR参加ショップ
NEC VersaPro VK23T/X-R 第6世代 Corei5 6200U Windows10 Pro 39,800円

1位は、Windows10 Pro、ウェブカム・テンキー・Wi-Fi(IEEE802.11ac対応)・Bluetoothすべて内蔵

TOSHIBA dynabook Satellite B554/M Core i5 4210M Windows10 home 34,010円

Windows 10 Home 64bit、(Win10 Proではなかったのが残念)
ウェブカメラ有でWi-Fi IEEE802.11a/b/g/n・Bluetooth内臓はうれしい。

東芝 dynabook B554/U Core i5 4310M Windows 10 Pro 32,780円

ウェブカム無しだがコスパはいい

TOSHIBA DynaBook B65/W 第五世代 Core i5-5200U 2.20-2.70GHz

前回の第1位。久々に見つけた、ウェブカム・テンキー・Wi-Fi・Bluetoothすべて内蔵

よろしければフォローお願いします。
ロックギターとパソコンと、う〜んペットはいない