レンタルサーバー契約前にWordPressをローカル環境で学習する方法|Local by Flywheelで作成したWordPressをレンタルサーバーの本番環境へ移行する方法

WordPress備忘録

初心者でもローカル環境からレンタルサーバーへ簡単にWordPressを引っ越しできる無料プラグイン:All-in-One WP Migration

せっかくサーバー知識がいらずにローカル環境でWordPressが構築できるLocal by Flywheel なのに最後に本番環境へ移行となると、”結構勉強しなきゃダメじゃん”みたいになって最初からLocalなんて使わないとなるのは残念なので、そういう方におすすめの方法です。
本来All-in-One WP Migrationは、レンタルサーバーの乗り換えの時などにWordPressを移行(引っ越し)するツールとして、管理画面からインストールでき、管理画面だけで移行が終了するという便利な無料プラグインです。

この記事は初心者向けの記事で、ローカル環境のWordPress(それもLocal by Flywheel環境下のもの)を初めてレンタルサーバーに移行して、本番環境で運用を始めることを前提に書いています。
よって、レンタルサーバーを乗り換える際の移行に必要な事項は考慮して書いていません。

All-in-One WP Migrationの特徴

  • 投稿・固定ページ、テーマ、プラグイン、メディアファイル(記事に使っている画像など)、データベースをエクスポートして保存できます。
  • また、バックアップ機能としても使え、エクスポート元のWordPressにインポートすれば、エクスポート時のWordPressが復元されます。
  • 他のWordPressにインポートすれば、ローカル環境からレンタルサーバーでも、レンタルサーバーからローカル環境でも復元されます。

例えば、
Local by FlywheelのWordPress(URL:demo.local)を
レンタルサーバーのWordPress(URL:tubepack.blue)に
全く同じコピーサイトが作れます。

ユーザーや投稿者も demo.local のものに置き換わりますので、
tubepack.blue でログインするときは demo.local のユーザー名・パスワードでログインすることになります。
この移行プラグインのすごいところは、レンタルサーバーにコピーサイトを作るといっても、レンタルサーバー側のWordPressにアクセスするURLはtubepack.blueのまま変わりません。
編集が必要なwp-config.phpとデータベース内のドメインに関する情報を自動で書き換えてくれます。

  • あくまでプラグインなので、引っ越し先にはWordPressがインストールされていないといけません。

ローカル環境から本番環境へ移行する従来の玄人的な方法

”local by flywheel 本番環境 移行” などで検索するとプラグインに頼らない従来の移行方法の情報は多いので、読んでみてそういうことにも興味がわけば覚えて損はありません。
FTPクライアントソフト、phpMyAdmin、テキストエディタなどを使います。
その方法で正しく行えば、他サーバーに確実にWordPressの引っ越しが行えます。

ですが、WordPressは情報発信のツールで早くコンテンツ作成に集中したいと思いませんか?
サクッとレンタルサーバーの本番環境へ移行(引っ越し)を終わらせましょう。

All-in-One WP Migration を使えば、簡単に短時間でレンタルサーバーへ引っ越しできる理由

FTPでWordPressディレクトリをレンタルサーバーへアップロードしなくていい

FTPクライアントソフトは必要ない。
引っ越し先のWordPress本体は、レンタルサーバーの簡単インストール機能でインストールする。

データベース単体をエクスポート、引っ越し先でインポートしなくていい

WordPressはインストールされたディレクトリと別にデータベースも引越ししなくてはいけません。
Local by Flywheel のデータベース管理ソフトは Adminer 、レンタルサーバーはたいていphpMyAdmin ですが、どちらも触らなくていい。

引っ越し先の wp-config.php やデータベースのドメイン部分の置換作業が自動

レンタルサーバーのファイルマネージャーやテキストエディタを触る必要がない。
プラグインがやってくれる。
データベースのエクスポートファイルを編集し、移行前ドメインを移行後ドメインにTeraPad等のテキストエディタで検索・置換する作業がいらない。

WordPressの管理画面からだけで引っ越し作業が完了します。

All-in-One WP Migration を使えば、上記のやり方を覚える間にレンタルサーバー(本番環境)への引っ越しが終わります。

ロリポップレンタルサーバー|ライトプランに引っ越しする

今回実行したのは、ロリポップレンタルサーバー|ライトプランに引っ越しする方法ですが、他のレンタルサーバーでも方法はほとんど同じです。

引っ越し元:Local by Flywheel側の環境

Windows版 Local 3.3.0:PHP 7.3、MySQL 5.6、Webサーバー Apache
※ Local はPHP・MySQLのバージョンの組み合わせが自由に変更できるので、
移行するレンタルサーバーのバージョンに合わせてWordPressが正常動作することを確認します。
WordPressバージョン 現時点最新の5.3
テーマ:cocoon
投稿2ページ:エディタのcocoonブロック全部と一般ブロックでテキスト・画像を表示。
デフォルトの4つのテーマはインストールしたまま。
インストール&有効化プラグイン:
WP Multibyte Patch(これだけは必須で入れてください)
Edit Author Slug

ロリポップレンタルサーバーに準備するWordPressの環境

引っ越し先WordPress:
「WordPress簡単インストール」でインストールしたデフォルトの状態。
WordPressのバージョンだけローカル環境と同じ5.3に更新。
PHP 7.3、MySQL 5.6、Webサーバー Apache。
※ 引っ越し元・引っ越し先のWordPress・PHP・MySQLのバージョンは万一の不具合を避けるために揃えます。
テーマ:Twenty Nineteen
デフォルトの4つのテーマはインストールしたまま。
インストール済みプラグイン:ロリポップのデフォルトでインストールされる3つ
Akismet Anti-Spam
Hello Dolly
SiteGuard WP Plugin
ロリポップのWAF機能はOFF、アクセラレータはONで行いました。

Local側WordPressの準備とサイトのエクスポート

引っ越し元であるローカル環境のWordPressで、
「プラグイン」-「新規追加」をクリック。
[all in one]と検索ボックスに打てば All-in-One WP Migration が見つかります。
インストールして有効化します。

All-in-One WP Migrationのメニューから
「エクスポート」で上記画面。
検索 <文字列> 置換 <別の文字列> データベース内」は何も追加しません。
「高度なオプション」も何もチェックしません。

「エクスポート先 +」クリックで開くリストに「ファイル」があります。
それ以外のエクスポート先は有料エクステンションの購入が必要です。
「ファイル」をクリックするといきなりエクスポートが始まり、終わるのを待ちます。
エクスポートされるファイルの拡張子:.wpress

完了すると、エクスポートしたファイルサイズが出ます。
緑色で囲まれた「ダウンロード」ボタンで自分のパソコンの任意の場所に保存します。
それとは別に、WordPressインストールディレクトリ内に同じものが自動的に保存されます。
保存先は:
C:\Users\[Windowsユーザー名]\Local Sites\[サイト別フォルダー]\app\public\wp-content\ai1wm-backups
※ サイト別フォルダーはLocalの目的のWordPressの「OVERVIEW」タブの Site Pathで確認できます。

無料版ではエクスポート可能なファイルサイズが512MBに制限されたという話もありますが、未検証です。
公式ユーザーガイドは、そこには触れてないように思います。

レンタルサーバーにインストールしたWordPressでインポート

最大アップロードファイルサイズを変更する方法

All-in-One WP Migrationのメニューの「インポート」でサイトのインポート画面に行きます。
下記のようにロリポップだと20MB以下になっていると思います。
すると、44MBのファイルをインポートできません。

古いバージョンではデフォルトで512MBまではインポート可能になってますが、わざわざ、古いバージョンを探す必要はありません。

そこで、All-in-One WP Migration Import という無料の拡張プラグインをインストール・有効化します。
最大アップロードファイルサイズが512MBに変更できます。

上記画面で、”最大アップロードファイルサイズを上げる方法”の右側の、
「無制限版の購入」リンクから All-in-One WP Migration Import をパソコンにダウンロードして保存します。
使うのは無料版のBasicの方です。
all-in-one-wp-migration-file-extension.zip がダウンロードされます。

「プラグイン」-「新規追加」と進み、「プラグインのアップロード」クリックで、
ダウンロードした zipファイルをそのまま選択します。
「今すぐインストール」でインストールして有効化してください。

Maximum upload file size と英語になってますが、アップロードできるファイルサイズが512MBに変わりました。

「インポート元+」をクリックして開くリストから「ファイル」を選び、
ローカル環境のWordPressからエクスポートしたファイルをインポートします。

インポートの準備ができたら、下記メッセージが出ますが「開始」で大丈夫。

”サイトをインポートしました”が出たら最後の作業です。

tubepack
tubepack

「パーマリンク構造を保存する」をクリックして開いた画面で何も変更せずに「変更を保存」をクリックします。
この作業は必須です。

その後その画面は閉じます。

元の画面で「完了」をクリックして終了します。

まとめ

WordPress移行(引っ越し)の結果

今回の環境では滞りなくレンタルサーバーにLocal by Flywheel下のWordPressが復元されました。
レンタルサーバー側にインストールされていたプラグインはそのまま、Local側にあったプラグインが追加され、設定も引き継がれています。

全般的な注意点

WordPressの仕様でアップロードするメディアファイル(画像など)には日本語名が使えません。
万一そのような場合、WP Multibyte Patch有効化の下でアップロードしたファイル名は英数の羅列に変換してくれます。
その他、特定の状況での日本語処理の不具合をなくしてくれる、日本語でWordPressを使う全ユーザーの必須プラグインです。

セキュリティ系のプラグインはLocalでテストした後は、無効化・削除してください。
レンタルサーバー側で導入すれば引っ越し時の不具合を回避できます。

無料エクステンションでインポートできるのは512MBまでです。
100記事規模のサイトまで可能だと思いますが、
画像は1枚当たり数10KB程度のファイルサイズにすることをおすすめします。
メディアファイルの総容量がエクスポートファイルのサイズを大きくします。

512MBを超えるサイトを扱いたい場合、有料エクステンションの購入がベストです。
ファイルサイズ無制限・複数サイト使用可能で$69
各クラウドサポートのエクステンションは上記機能もついて$99
バックアップ機能だけ考えれば、スケジューリングもできる優れたプラグインもありますし、 レンタルサーバーにユーザーが自由にバックアップ・復元できる機能がある場合もあり、 考え方は、”あなた次第”というところです。
レンタルサーバーからレンタルサーバーの引っ越しについては、「WordPress簡単引っ越し」など他社からの乗り換えを支援する機能を備えたサービスも増えています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ←ポチッとお願いします
おすすめレンタルサーバー公式ページ
WordPress備忘録
おすすめレンタルサーバー|ロリポップ!スタンダードプラン
LINEモバイルなら年齢認証もOK!

当サイトおすすめ中古ノートパソコン3万円台
買いたい順ランキング
(時々更新)2020/06/27更新
3万円台で買える上限スペックのノートPCをPick Up!
☆は独断と偏見です。
人気のスペックは早く売り切れますので、悩んでいる方はお早めに。
下記を基準に選びました。
Windows 10 64bitできればhome よりPro
第3世代Core i5以上
15インチ以上
メモリー8GB以上
SSD
USB3.0あり・Webcamあり

できれば
光学ドライブDVDマルチ以上
内蔵無線LAN・Bluetooth

2020年になって3万円台で第4世代Core i5ノートパソコンが出回ってきました。
中古ノートパソコンではなかなかWi-Fi/Bluetooth内臓モデルは数が多くありません。

おすすめMRR参加ショップ
NEC VersaPro VK23T/X-R 第6世代 Corei5 6200U Windows10 Pro 39,800円

1位は、Windows10 Pro、ウェブカム・テンキー・Wi-Fi(IEEE802.11ac対応)・Bluetoothすべて内蔵

TOSHIBA dynabook Satellite B554/M Core i5 4210M Windows10 home 34,010円

Windows 10 Home 64bit、(Win10 Proではなかったのが残念)
ウェブカメラ有でWi-Fi IEEE802.11a/b/g/n・Bluetooth内臓はうれしい。

東芝 dynabook B554/U Core i5 4310M Windows 10 Pro 32,780円

ウェブカム無しだがコスパはいい

TOSHIBA DynaBook B65/W 第五世代 Core i5-5200U 2.20-2.70GHz

前回の第1位。久々に見つけた、ウェブカム・テンキー・Wi-Fi・Bluetoothすべて内蔵

よろしければフォローお願いします。
ロックギターとパソコンと、う〜んペットはいない