【月額500円】ロリポップとよく比較されるレンタルサーバーにWordPressインストールして表示速度をベンチマーク

レンタルサーバー

個人で使うなら、ロリポップ!レンタルサーバーのスタンダードプランで必要十分だと思っているわけですが、最近よく紹介されているクラウド型やオールSSD化されているレンタルサーバーにも興味があるので、ざっくりWordPressの表示速度を比較してみました。
初めてのレンタルサーバー選びの方に参考にしていただきたいと思います。
月500円前後のプランの比較です。
heteml、エックスサーバー、mixhost、ロリポップ!ハイスピードプラン などは、
月1000円前後のクラスとして、またの機会に見てみたいと思います。

WordPress条件

WordPressバージョン:5.2.4
各サービスの簡単インストール機能でインストール。
プラグイン:Edit Author Slug のみ有効化
(JETBOYだけ推奨プラグインLiteSpeed Cache有効化-キャッシュ機能のみON)
テーマ:Twenty Seventeen
1ページ3000文字+異なる画像3枚表示(元画像約1MBのサムネイル表示)
同ページを100記事投稿

比較対象レンタルサーバー

下記記事で取り上げているレンタルサーバーでWordPressサイトの表示速度をベンチマーク。

ロリポップ!レンタルサーバー|スタンダードプラン

PHPバージョン:7.1 モジュール版
Webサーバー:Apache
ロリポップ!アクセラレータ:有効
ストレージ:HDD
データベースサーバー:SSD
国内データセンター

JETBOY|ファーストSSDプラン

クラウド型サーバー
PHPバージョン:7.1
Webサーバー:LiteSpeed
ストレージ:オールSSD化
国内データセンター (旧サービスはUSAでした)
2019/11時点では、
CPU:Xeon E5-2697 v3 2.6GHz×2
メモリー:48GB

スターサーバー|スタンダードプラン

クラウド型サーバー
PHPバージョン:7.2 FastCGI
Webサーバー:nginx
ストレージ:オールSSD化
国内データセンター
2019/11時点では、
CPU:Xeon E5-2640 v4 2.4GHz×2
メモリー:192GB

リトルサーバー|ビッグプラン

PHPバージョン:7.2 モジュール版
Webサーバー:Apache
ストレージ:オールSSD化
国内データセンター

さくらのレンタルサーバー|スタンダードプラン

PHPバージョン:7.2 モジュール版
Webサーバー: nginx + Apache
ストレージ:HDD
2019/11時点では、
CPU:Xeon E5-2650 v3 2.3GHz
メモリー:48GB

表示速度テストツール

下記のツールで、スコアの数値とそれを改善するために指摘される項目は、
Google PageSpeed Insights や YSlow(Yahoo) が提唱するサイトのパフォーマンスを元に評価したもので、その中に表示速度改善に大きく関係するものもあるという事です。レンタルサーバーそのもののパフォーマンスではありません
あくまで、表示速度に注目して比較してみてください。

GTmetrix

https://gtmetrix.com/

Google PageSpeed Insights とYahoo YSlow の両方で測定できるサイト。
登録なしで誰でも使えますが、その場合カナダのサーバーからのテストとなります。
各測定ツールが重要視する項目の改善点がわかり、トータルスコアを返してくれます。

PageSpeed Insights (Google)

 https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/ 

PageSpeed Insights 本家テストサイト。
YSlowよりも比較的高いスコアが出るようです。

ベンチマーク結果

GTmetrix スクリーンショット

全て同じ記事ページで測定。
スコアは数回テストしてもかわりませんが、ページ表示速度(Fully Loaded Time)は共用サーバーの状態や、回線状況で上下しますので、再現性のある数字を結果にしました。

PageSpeed のスコアは90%以上は出なくでもそこそこの数値で横並び、
これにはWordPressテーマの作りにも左右されますので、このテーマではこれが実力ということでしょうか?
YSlowでは、ロリポップ!とスターサーバーが低めに出たところが興味深いです。
どのレンタルサーバーにも全く同じテーマ、記事、設定のWordPressを設置したのに違うということはサーバー側の設定に起因するのでしょうか?
YSlow のスコアが低いからといって、
他と表示速度にあまり影響は見られませんが、これらのスコアはSEOに関係するということなので、微々たる差で検索順位が上がらないのであれば改善すべきですね。

ロリポップ!レンタルサーバー|スタンダードプラン の表示速度(Fully Loaded Time)

ロリポップ!スタンダードプラン設置WordPressのGTmetrix結果
ロリポップ!スタンダードプラン設置WordPressのGTmetrix結果

YSlowのスコアがJETBOY、リトルサーバー、さくらより低く出た要因の差は、
Add Expires headers の指摘です。

GTmetrix YSlow スコア改善項目

指摘内容は、列挙されたファイルの有効期限を明記すれば、ブラウザはその期間に再アクセスしてもブラウザ側のキャッシュを読み込むので、表示速度アップにつながりますよということです。

改善方法の一例です
拡張子 .css .js .gif .jpg .jpeg .png .ico に適用する場合。
(jpe?g はjpg|jpeg と意味は一緒)
下記をWordPressインストールディレクトリの .htaccess に追記します。

<IfModule mod_expires.c>
ExpiresActive On
ExpiresByType text/css "access plus 1 months"
ExpiresByType text/javascript "access plus 1 months"
ExpiresByType application/javascript "access plus 1 months"
ExpiresByType application/x-javascript "access plus 1 months"
ExpiresByType image/gif "access plus 1 months"
ExpiresByType image/jpeg "access plus 1 months"
ExpiresByType image/png "access plus 1 months"
ExpiresByType image/vnd.microsoft.icon "access plus 1 months"

<FilesMatch "\.(css|js|gif|jpe?g|png|ico)$">
Header append Cache-Control "private"
</FilesMatch>

</IfModule>
ロリポップ!設置WordPress改善後
ロリポップ!設置WordPress改善後

はい、これで他サービスと同じスコアになりました。
サーバーのパフォーマンスとは全く関係ありません。
スターサーバーも同じ方法で改善できました。

JETBOY|ファーストSSDプラン の表示速度(Fully Loaded Time)

JETBOYファーストSSDプラン設置WordPressのGTmetrix結果
JETBOYファーストSSDプラン設置WordPressのGTmetrix結果

スターサーバー|スタンダードプラン の表示速度(Fully Loaded Time)

スターサーバー スタンダードプラン設置WordPressのGTmetrix結果
スターサーバー スタンダードプラン設置WordPressのGTmetrix結果

リトルサーバー|ビッグプラン の表示速度(Fully Loaded Time)

リトルサーバー ビッグプラン設置WordPressのGTmetrix結果
リトルサーバー ビッグプラン設置WordPressのGTmetrix結果

さくらのレンタルサーバー|スタンダードプラン の表示速度(Fully Loaded Time)

さくらのレンタルサーバー スタンダードプラン 設置WordPressのGTmetrix結果
さくらのレンタルサーバー スタンダードプラン 設置WordPressのGTmetrix結果

PageSpeed Insights スクリーンショット

全て同じ記事ページで測定。
ページ表示速度(速度インデックス)は共用サーバーの状態や、回線状況で上下しますので、再現性のある数字を結果にしました。

モバイルページの速度インデックスについては、各サービスともパソコンに比べて、大きく遅延しています。
モバイル表示のスコアに関しての大きな改善点としては、下記のような項目が指摘されています。

次世代フォーマットでの画像の配信 
JPEG 2000、JPEG XR、WebP などの画像フォーマットは、PNG や JPEG より圧縮性能が高く、ダウンロード時間やデータ使用量を抑えることができます。
アップロードした画像を最適なフォーマットに自動変換するプラグインまたはサービスの使用をご検討ください。

アップロードした画像の元サイズが大きすぎたようです。
今回はテスト用なので、あえてファイルサイズを大きいまま上げてみました。

URLサイズ減らせるデータ量
image001.png 1,110 KB 926 KB
image002.png 1,016 KB 915 KB
image003.png 971 KB 864 KB
header.jpg -テーマ添付の画像 112 KB 18 KB

レンダリングを妨げるリソースの除外 
ページの First Paint をリソースがブロックしています。重要な JavaScript や CSS はインラインで配信し、それ以外の JavaScript やスタイルはすべて遅らせることをご検討ください。
重要なアセットをインラインで読み込むまたは重要度が低いリソースの読み込みを遅らせるために役立つ、さまざまな WordPress プラグインがあります。ただし、これらのプラグインの最適化処理によって、テーマやプラグインの機能が阻害されることがあります。その場合は、コードを変更する必要があります。

プラグインもいいですが、
そのような高速化設定ができるテーマを選ぶのも大事な気がします。

オフスクリーン画像の遅延読み込み
オフスクリーンの非表示の画像は、重要なリソースをすべて読み込んだ後に遅れて読み込むようにして、操作可能になるまでの時間を短縮することをご検討ください。
WordPress の遅延読み込みプラグインをインストールすると、画面外の画像の読み込みを遅らせたり、遅延読み込み機能のあるテーマに切り替えたりできます。AMP プラグインの使用もご検討ください。

スクロールしないと見えない2枚目、3枚目の画像ですね。
こういう設定もテーマに実装されていると、余計なプラグインが減らせますね。

PageSpeed Insights のテスト結果でモバイルのスコアが悪くなるのは、
「3G回線」での評価だからだそうです。
実際、4G のスマホで見るとテスト結果に納得いくほどもたつきます。
が、Wi-Fiで見るとサクサク動きます。
4G回線でのパフォーマンスも上げるには、適切な対策をとる必要があるようです。

ロリポップ!レンタルサーバー|スタンダードプラン の表示速度(速度インデックス)

ロリポップ!スタンダードプラン 設置WordPressのPageSpeed結果 パソコン表示速度
ロリポップ!スタンダードプラン 設置WordPressのPageSpeed結果 パソコン表示速度
 ロリポップ!スタンダードプラン 設置WordPressのPageSpeed結果  モバイル表示速度
ロリポップ!スタンダードプラン 設置WordPressのPageSpeed結果 モバイル表示速度

画像がモバイル表示の大きな遅延になっているので、ロリポップ!を例にとって、画像無し、テキスト3000文字の結果を見てみましょう。

ロリポップ!スタンダードプラン、テキスト3000文字のモバイル表示速度
ロリポップ!スタンダードプラン、テキスト3000文字のモバイル表示速度

いきなりモバイルの速度インデックスが速くなりました。

JETBOY|ファーストSSDプランの表示速度(速度インデックス)

JETBOY ファーストSSDプラン設置WordPressのPageSpeed結果 パソコン表示速度
JETBOY ファーストSSDプラン設置WordPressのPageSpeed結果 パソコン表示速度
 JETBOY ファーストSSDプラン 設置WordPressのPageSpeed結果  モバイル表示速度
JETBOY ファーストSSDプラン 設置WordPressのPageSpeed結果 モバイル表示速度

スターサーバー|スタンダードプランの表示速度(速度インデックス)

スターサーバー スタンダードプラン設置WordPressのPageSpeed結果 パソコン表示速度
スターサーバー スタンダードプラン設置WordPressのPageSpeed結果 パソコン表示速度
スターサーバー スタンダードプラン設置WordPressのPageSpeed結果  モバイル表示速度
スターサーバー スタンダードプラン設置WordPressのPageSpeed結果 モバイル表示速度

リトルサーバー|ビッグプランの表示速度(速度インデックス)

 リトルサーバー ビッグプラン設置WordPressのPageSpeed結果 パソコン表示速度
リトルサーバー ビッグプラン設置WordPressのPageSpeed結果 パソコン表示速度
リトルサーバー ビッグプラン設置WordPressのPageSpeed結果  モバイル表示速度
リトルサーバー ビッグプラン設置WordPressのPageSpeed結果 モバイル表示速度

さくらのレンタルサーバー|スタンダードプランの表示速度(速度インデックス)

さくらのレンタルサーバー スタンダードプラン設置WordPressのPageSpeed結果 パソコン表示速度
さくらのレンタルサーバー スタンダードプラン設置WordPressのPageSpeed結果 パソコン表示速度
さくらのレンタルサーバー スタンダードプラン設置WordPressのPageSpeed結果  モバイル表示速度
さくらのレンタルサーバー スタンダードプラン設置WordPressのPageSpeed結果 モバイル表示速度

まとめ

興味あるサーバーの表示速度をテストしたいという欲求はみたされましたが、
数値上、レンタルサーバー間の差は微々たるものでした。
実際、ブラウザのキャッシュを消して、「ctrl」+「F5」で再読み込みしても体感的にはどれも3秒以内に表示される感じです。
ちなみに、筆者のネット環境はケーブル回線12M、光回線ではありません。

あくまで共用レンタルサーバーですので、同じサービスでもサーバーによりどれくらいアクセスの多いサイトを運営するユーザーが同居しているかや、収容人数、時間帯やアクセスするたびにも表示速度にはバラツキがありますし、自宅までの回線状況にも左右されます。
時間帯によるバラツキが少ないものを安定したサーバーと言いますが、それは24時間一定間隔でベンチマークしないとわかりません。
個人で使う中心的サービスだと思っている月500円クラスの共用レンタルサーバーで、数値的にバラツキがあったとしても実用的にはどっこいどっこいではないでしょうか?
レンタルサーバーのベンチマークをうたうサイトはたくさんあり、めぐってみると面白いですが、レンタルサーバー会社もアップグレードしていくので、古いデータも中にはあるようです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ←ポチッとお願いします
おすすめレンタルサーバー公式ページ
レンタルサーバー
おすすめレンタルサーバー|ロリポップ!スタンダードプラン
LINEモバイルなら年齢認証もOK!

当サイトおすすめ中古ノートパソコン3万円台
買いたい順ランキング
(時々更新)2020/06/27更新
3万円台で買える上限スペックのノートPCをPick Up!
☆は独断と偏見です。
人気のスペックは早く売り切れますので、悩んでいる方はお早めに。
下記を基準に選びました。
Windows 10 64bitできればhome よりPro
第3世代Core i5以上
15インチ以上
メモリー8GB以上
SSD
USB3.0あり・Webcamあり

できれば
光学ドライブDVDマルチ以上
内蔵無線LAN・Bluetooth

2020年になって3万円台で第4世代Core i5ノートパソコンが出回ってきました。
中古ノートパソコンではなかなかWi-Fi/Bluetooth内臓モデルは数が多くありません。

おすすめMRR参加ショップ
NEC VersaPro VK23T/X-R 第6世代 Corei5 6200U Windows10 Pro 39,800円

1位は、Windows10 Pro、ウェブカム・テンキー・Wi-Fi(IEEE802.11ac対応)・Bluetoothすべて内蔵

TOSHIBA dynabook Satellite B554/M Core i5 4210M Windows10 home 34,010円

Windows 10 Home 64bit、(Win10 Proではなかったのが残念)
ウェブカメラ有でWi-Fi IEEE802.11a/b/g/n・Bluetooth内臓はうれしい。

東芝 dynabook B554/U Core i5 4310M Windows 10 Pro 32,780円

ウェブカム無しだがコスパはいい

TOSHIBA DynaBook B65/W 第五世代 Core i5-5200U 2.20-2.70GHz

前回の第1位。久々に見つけた、ウェブカム・テンキー・Wi-Fi・Bluetoothすべて内蔵

よろしければフォローお願いします。
ロックギターとパソコンと、う〜んペットはいない