ロリポップ!レンタルサーバーから他社へ乗り換えもう不要-ハイスピードプラン登場

ロリポップ!レンタルサーバーから卒業は、ちょっと待った

スタンダードプラン(月500円~)といえばロリポップのおすすめプランで、
個人から小規模ビジネスまで視野に入れても十分なスペックでおなじみですね。
そこで、サイトの規模もアクセス数も十分育って、アップグレードとなると、
月2000円からのエンタープライズ プランでした。
エンタープライズ プランはロリポップサービスの最上位プランで、
唯一オールSSD化されたハイスペックサーバーを採用した優れたプランです。

しかし、こんなことをお悩みではないですか?
他サービスでは月1000円くらいの価格帯で、オールSSD仕様でWebサーバーソフトにLiteSpeedやnginx(エンジンエックス)採用でPHPで動くWordPressなどの高速化をうたったサービスがあるようだが・・・
ロリポップ!レンタルサーバーにもそういうプランはないかなあ・・・
と、お嘆きのあなた

ここで、ロリポップ!レンタルサーバー ハイスピードプラン月1000円~登場

(PR)

ロリポップ ハイスピード プラン特徴

  • オールSSDの高速 Webサーバー
  • WebサーバーソフトはLiteSpeed採用
  • PHPは7系のみ
  • ロリポップ!アクセラレータなどでアフィリエイトや商用サイトなどに必要な表示の速さや安定性を追求したプラン。
  • 同時アクセス数は無制限、
  • 自動バックアップ無料、
  • メールサポート、チャットサポート、電話サポート付き

「ロリポップ ハイスピード プラン」料金

初期費用 3000円
1・3か月一括払い 月換算1200円
6か月契約以上一括払い月換算 1000円
月契約ができるのでスタートしやすいですね。

ロリポップ!レンタルサーバーハイスピード プランをおすすめします

月1000円クラスの共用レンタルサーバーは非常にコスパのいいクラスで、
月500円以下では得られなかった格上の レンタルサーバーを利用できます。
中上級者向けに人気として取り上げられますが、
法人向けとしては格安ですし、個人でも手の届く価格ですね。

ロリポップ!はハイスピード プランでこのクラスに参入です。

ロリポップ!は「親しみやすいホスティングサービス」を提供し続けます。それにはサーバー環境の改善と、革新的なテクノロジーを導入するための技術力が必要不可欠です。

https://lolipop.jp/service/

と、言っているロリポップ!の次の手が「ハイスピード プラン」。
高速サーバーのトレンド「LiteSpeed」の採用、「オールSSD化」などにより、より早いWebページの表示速度や高負荷時の安定性を提供してくれます。

ロリポップ!を運営するGMOペパボの格上の高速サーバーサービス「heteml(ヘテムル)」に採用されても良かったようなプランだと思います。

現在下位プランからのプラン変更はできませんが、
今後対応予定となっています。
今回の
ハイスピード プラン リリースはそれだけ特別な位置づけとなっているようです。
2019/10/15
ロリポップ!ハイスピードプランへ、下位プランから上位プランへ変更可能になりました。

「すぐに使える、ずっと使えるロリポップ!」
という、キャッチフレーズどおり、
下位プランからはじめても長く使えるレンタルサーバーとして充実したといえるのではないでしょうか。

ロリポップ!に月1000円からのオールSSD、高速Webサーバー「LiteSpeed」のハイスピードプランが登場したことで、同じ価格帯を比較するレンタルサーバーの人気ランキングが変わっていくことでしょう。

ハイスピードプラン概要

()内はスタンダードプラン
Webサーバー:LiteSpeed(Apache)
ディスク容量:SSD 200GB(HDD 120GB)
転送量:100GB/日(100GB/日)
データベース作成数:70個(30個)
独自ドメイン設定:無制限(100)
サブドメイン設定:無制限(ドメイン毎500)
PHP:PHP7系 LiteSpeed版(PHP5系・7系、CGI版・モジュール版選択)
ロリポブログ作成数:5(5)
簡単インストール:WordPress、baserCMS(Wordpress、EC-CUBE、baserCMS)
独自SSL:有
海外アタックガード:有
WAF:順次リリース予定  SiteGuard Server Edition ログ機能なし
メールサポート、チャット サポート 、電話 サポート付き

ディスク容量200GB、ロリポップ!でオールSSDサーバーが使えるハイスピード プラン

ストレージをSSD化するのはサーバーソフトの性能に見合う読み書き速度を確保する意味合いがあり、サーバー高速化の一つのトレンドです。
ロリポップ!の下位プランではすでにデータベースはSSD化されており、
エンタープライズプランではすでにオールSSD化されているのはご存知でしょうか?

今回もう一つのオールSSD化のプランとして、月1000円からのハイスピードプランが登場したことで、エンタープライズプランではコスト的に敷居が高かったユーザーにもちょうどいいプランが契約できますね。

ロリポップ!に月1000円クラスのプランがないということで、他社サーバーが気になっていたロリポップ!ユーザーのあなた!
ロリポップ内でハイスピード プランを契約し、今のWebサイトをオールSSDのサーバーに乗り換えてみてはどうでしょう。

LiteSpeed採用の高速サーバーが使えるロリポップ!ハイスピード プラン

高速化だけでなく、高負荷時の安定性に優れるWebサーバーソフト「LiteSpeed」。
オープンソースで開発されているWebサーバーソフトで、
Apacheの上位互換として動作し、第4のWebサーバーと呼ばれています。
ベンチマークテストの処理速度比較ではApacheの5倍くらい早いデータがあります。ApacheのPHPモジュール版はCGI版より高速ですが、それより早い結果が出ています。
月1000円クラスで、「LiteSpeed」採用のサーバーが気になっていたあなた!
ロリポップ!内でハイスピード プランを契約し、今のWebサイトをオールSSD・LiteSpeedのサーバーに乗り換えてみてはどうでしょう。

動作するPHPは7系のみでLiteSpeed版

PHP7系に絞り、動作モードもLiteSpeed版、それにロリポップ!アクセラレータか加わり高速動作を実現しています。

同時アクセス数は無制限

ロリポップ!スタンダードプランとエンタープライズプランで使える同時アクセス数拡張機能がありますが、ハイスピードプランでは同時アクセス数は最初から無制限。
イベントサイトのように突発的なアクセス急増にも安心してサイト運営ができます。

ハイスピードプラン限定、無料自動バックアップ

毎日一回、最大7日分でロリポップ!側にバックアップが保存されます。
万一の復旧依頼には手数料がかかりますが、無料自動バックアップはハイスピードプラン限定です。
※筆者のおすすめ
ユーザー自身でディレクトリとデータベースのバックアップを最新の状態で保存しておくと、より安心です。
また、全プランで使える有料バックアップオプションを使えば、任意のタイミングでバックアップ・復元が楽になります。

SNIの提供とHTTP/2への対応
1台のサーバー(グローバルIP)で異なるSSLサーバー証明書を運用できるSNI(Server Name Indication)を提供する予定です。さらに次世代の通信プロトコル「HTTP/2」にも対応します。これにより、SNIをご利用いただくとHTTP/2接続も可能となり、高速にウェブサイトを配信できるようになります。

https://lolipop.jp/nextgen/

上記の「HTTP/2」対応は、 SSL化(独自SSL・共用SSL)されたすべてのドメインで2017/04/11に完了しています。

SNI化(Server Name Indication)は、SSL(PRO)を利用のすべてのドメインに対し、2019/07/03に完了しています。

ロリポップ!ハイスピードプランに他社から乗り換える時の注意点

ハイスピードプランのPHPは7.3、7.1や5系は使えない

ハイスピードプランでは2019/11時点で、使用できるPHPバージョンはすべてのドメインで7.3固定となっています。
PHP7.1で動作しているWordPressが7.3でも動くかテストをしてから乗り換えをおすすめします。。
テーマの対応状況によっても不具合が出ることがあります。

ロリポップ下位プランからハイスピードへアップグレードする時の注意点

ハイスピードプランからエンタープライズプランへのアップグレードはできない

上位プランへのアップグレードができるロリポップ!レンタルサーバー|ですが、
ハイスピードプラン⇔エンタープライズプラン間のプラン変更はできません。

ハイスピードプランのPHPは7.3、7.1や5系は使えない

2019/11現在、契約中の下位プランではPHPバージョン7.1と7.3の切り替えができます。
PHP7.3でWordPressの動作確認してから、ハイスピードプランにアップグレードをおすすめします。

ハイスピードプランの「簡単インストール」で「EC-CUBE」はインストールできない

PHP7.3の簡単インストールではEC-CUBEがインストールできないため、ハイスピードプランで「簡単インストール」できるのはWordPressbaserCMSのみ。

ローカル環境のPHP7.3でWordPressをテストする方法

YouTube動画にWindowsにサーバー環境を作りWordPressをインストールする方法をアップしてあります。
動画ではPHP7.1版のXAMPPをインストールしていますが、PHP7.3版のXAMPPを使ってください。
WordPressをインストールできたら、テストしたい元のWordPressで使用しているプラグインは個別にインストール・有効化して、WordPressのエクスポート・インポート機能でローカル環境にWordPressを複製すればよいと思います。

まとめ

以上、2019/9/2に登場した
ロリポップ!新プランハイスピードプランを紹介しました。
月1000円クラスで他社サーバーへ乗り換えを検討していたロリポップ!ユーザーの方は、
ロリポップ!レンタルサーバーから卒業は、ちょっと待った!
「ハイスピードプラン」に乗り換えてロリポップユーザーであり続けましょう。

「ハイスピード プラン」機能の順次リリース予定

  • php.iniの編集は現時点で不可で、順次リリースとなっています。
  • WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール) 順次提供予定となっています。

(PR)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ←ポチッとお願いします
おすすめレンタルサーバー|ロリポップ!スタンダードプラン
LINEモバイルなら年齢認証もOK!