月額500円以下ロリポップとよく比較されるレンタルサーバー4選:クラウド型やオールSSD化など紹介

ロリポップとよく比較される格安レンタルサーバー レンタルサーバー

格安個人向けレンタルサーバーなら月額500円以下がおすすめ

この記事では、月500円以下で借りれるレンタルサーバーで、気になるクラウド型やオールSSD化のレンタルサーバープランに絞って紹介したいと思います。
ちなみに、 コスパとサーバー性能で評判の高いエックスサーバーは月額500円では借りれません、最低プランが月1000円クラスです。

初心者やこれからWebサイトを作成するなら、おすすめはロリポップ!レンタルサーバー|スタンダードプランで月額500円から

久々にレンタルサーバーを借りたので、レンタルサーバー事情に疎くなっていました。
最近の事情は、10年以上前に比べると大幅にサーバースペックがアップしていました。
ストレージ容量や転送量は昔と段違いです。
PHPで動くCMS、とりわけWordPressを使ったサイトが多くなった中、業界もその需要に対応したということでしょうか。
これからサーバー選びをするなら、ロリポップ!レンタルサーバーのスタンダードプランを基準に他社と比較することをおすすめします。
MySQLデータベースも30個使え、理想的にWordPress1つに、1つのデータベースを割り当てられます。
WordPressで情報発信するにしても、HTMLの静的ページのサイト作成でも必要十分です。

レンタルサーバー選びとSEOは分けて考える

いきなりサイトを公開しても、アクセスはほとんどないモチベーションが下がる状態がずっと続きます。
SEOをちょっと勉強しても、すぐにアクセスアップしませんし、競合他サイトと同じような記事を書けばなおさらです。
・独自性のあるコンテンツ→競合が少ない
・サイト閲覧者が求めている情報→検索需要がある
などは大前提で高アクセスのサイトに育ってこそ、サーバー性能が生きてきます。
Webページ表示に4秒以上かかると閲覧者が離れる確率が高いというデータもありますので、初心者こそハイスペックなサーバーを・・・という意見もあります。
しかし、アクセスのないサイトにそれを言うのはナンセンス。
あたかも、そのサーバーを契約すればSEOバッチリみたいな表現には注意したいものです。

ロリポップ!レンタルサーバーならライトプランから低コストで始められます。

ライトプランの難点はMySQLデータベース一つを複数CMSで共有するので、データベースが500MB以上に肥大化する使い方はおすすめできません。
サイトの規模にもよりますが3サイト運営くらいなら快適に閲覧できると思います。
もちろんライトプランで1サイト運営して複数サイト運営に乗り出す時に
上位プランへアップグレードすればそんなこと考える必要はありません。
とにかく必要に応じて、スタンダードプラン、ハイスピードプランへとアップグレードできるので月額330円で始められて便利なのです。

ライトプランで複数CMS運営していた方は、
上位プランへアップグレードしたあとに複数データベースが使えるので、
各CMSに専用データベースを割り当てたくなります。
ですが、ググればすぐに方法が分かるので初心者でも心配なくできるはずです。

ハイスペックな「エックスサーバー」を例にとると月換算1000円ですが、
12か月一括払いの場合で、毎年12000円+消費税払います。
「ロリポップ!スタンダードプラン」なら
6か月契約以上で月換算500円、毎年6000円+消費税払います。
お財布事情にもよるので、どう考えるかはユーザー次第といったところです。

比較の問題で、月1000円以上クラスのレンタルサーバーは安定している・早いというのは当たり前で、そう言ってお値段の張るレンタルサーバーに目を向けさせるのが、今のアフィリエイトサイトのトレンドのような気がするのは筆者だけでしょうか。

参考までに、2019/11/24現在
ロリポップ ユーザー数170万人突破・サイト数200万件突破
さくらのレンタルサーバー 利用件数45万件突破
エックスサーバー サイト数170万件突破

月額500円以下、個人向けレンタルサーバー比較ポイント

基本サービスを気にするなら下記を押さえておきましょう

  • 初期費用
  • 月額料金
  • プラン変更可能か
  • サポート体制
  • ストレージ容量
  • 転送量
  • MySQL使用可能数
  • 無料独自SSL可否
  • バックアップサービス(無料か有料オプションか、その使い方)
  • WordPress簡単インストール
  • マニュアルが充実しているか(ネットに情報が多いかなどもポイント)
  • WordPress引っ越し機能(レンタルサーバーを他社から乗り換える場合便利)
  • php.iniファイルが編集可能かどうか

・比較ポイント1:初期費用

契約時、一回だけかかります。プラン変更時も改めてかかります。(初期費用無料キャンペーンを狙うとお得)

・比較ポイント2:一括払いの契約期間に応じた月額料金

月500円~という表示の場合、長期契約一括払いをした時の月割り換算した料金です。そのサービスがほんとに気に入るまで、1~3か月更新にしておいて、長く使おうと決めたら更新のタイミングで長期契約がおすすめです。

・比較ポイント3:プラン変更可能か
安いプランからはじめて、サイトはそのまま上位プランへ変更できるのはメリットです。契約途中の変更不可の場合、他のプランを別に契約し、自分でサイトの引越しが必要です。

・比較ポイント4:サポート体制
各サービスの「よくある質問」ページ等見ても解決できない内容は、サポートに問い合わせましょう。
メールサポート、電話サポート、チャットサポートなどがあります。

・比較ポイント5:ストレージ容量
ディスク容量と表記されていることもあります。サイトデータをアップするユーザー領域。データーベースやメールを使用する場合、それにも使用されます。

・比較ポイント6:転送量
月間や一日あたりで制限がある場合がほとんど。
一日50GBなら1.5MBのページを
50GB ÷ 1.5MB でおよそ3万3千ページビュー(PV)/日のアクセスがあるサイトまで対応できます。
実際にはページのサイズによりますし、サイト管理、メールなどサーバーにIN・OUTするすべてのデータ量がカウントされますので、あくまで目安です。

転送量無制限
となっていても、一日あたりのPV目安が公表されており、それを越すと閲覧制限がかかります。
一日数万PV~数十万PVくらいでプランによります。
まあ個人でそれだけアクセスがあるサイトはほんの一握りではないでしょうか。

・比較ポイント7:MySQLデータベース使用可能数
MySQLが必要なCMS 1個に付き1個のデータベースを割り当てるのが理想的なので(管理のしやすさからも)、欲しい数が使用できれば問題なし。

・比較ポイント8:無料独自SSL
https:// でアクセスできるようにする。
暗号化通信なので、ログイン情報の保護にもなります。
ブラウザーやセキュリティーソフトによっては、https化されてない場合、警告表示され、閲覧者が離れるマイナス面があります。
高い月額料を払い独自SSL証明書を導入するのは個人にはハイコストですが、
Let’s Encrypt等で実現・無料化されているのは助かります。

・比較ポイント9:バックアップサービス
WordPressのようなCMSを使う場合、ユーザーデータと共にデータベースもバックアップが必要です。これを自動または手動で1発でバックアップがとれて、ユーザーが自由に復旧データとして操作できます。
有料オプションの場合もあります。
この機能がなくても、WordPressのバックアッププラグインでも実現可能です。
完全手動で投稿・更新のたびにすべてのバックアップを取る方法を知っておくのは大事ですが、バックアップ機能が提供されている方が現実的に便利です。
「自動バックアップサービス」となっている場合、運営側が定期的にバックアップし、いざ復旧が必要な時にユーザーから依頼するものが多いです。(有料の場合あり)

・比較ポイント10:WordPress簡単インストール
わずか数分でWordPressのインストールができます。
この機能を使わない手はないですね。
もちろん、簡単インストール機能がなくても、
自分でインストールファイルをダウンロードして、
インストールガイドを参考に自サーバーにアップロード・インストールする手順を踏むことも可能です。

・比較ポイント11:マニュアルが充実しているか
レンタルサーバー契約前・後に知りたいことがマニュアルやFAQで網羅されているかどうかも初心者や初めて使うユーザーにも親切で、そのサービスの実力といえるでしょう。

・比較ポイント12:WordPress引っ越し機能
他社からの乗り換えを楽にする引っ越し機能が標準装備のサーバーも増えてきました。

・比較ポイント13:php.iniが編集可能かどうか

WordPressの通常運用で編集することは稀です。
WordPressのバックアップ系プラグインでエクスポートしたファイルをインポートして復元する場合編集が必要な場合があります。

ロリポップ スタンダードプランとよく比較される、さくらのレンタルサーバー

自社運営している国内データセンターを使って提供されている
格安レンタルサーバーの老舗の一つで、ロリポップ!|スタンダードプランと同じく月額500円からのスタンダードプランがあります。

さくらのレンタルサーバー スタンダードプラン
基本仕様 ()内はロリポップ
ストレージ 100GB(120GB)
転送量   80GB/日(100GB/日)→(150GB/日)
MySQL   20個(30個)

・サーバーOS:FreeBSD(CentOS)
Linux系OSが主流の中、さくらは歴史も古く開発も続いている優れたFreeBSD採用。

・利用可能なサブドメイン:3個(1個)
独自ドメインコストをかけたくない人には、もらえるサブドメインは多い方がいいですよね。

・さくらのブログ:50個(ロリポブログ3個)
WordPressでブログやりたいのに、ブログがついてきても意味があるのか!?
とも思いますが、無料ブログサービスのように広告が付かず、
アフィリエイトもできるので、利用価値はあるかと思います。
独自ドメインやWordPressにこだわらず、これを利用したいユーザーもいるのではないでしょうか。

・メールマガジン作成機能:×(○)

・メールングリスト作成機能:○(○)

・クイックインストール:WordPress, EC-CUBE, concrete5
 (簡単インストール:WordPress, EC-CUBE, baserCMS)

スタンダードプランではさくらのレンタルサーバーとロリポップ!レンタルサーバーとでは機能にあまり差はありません。

筆者の印象ですが、さくらのレンタルサーバーは同じ老舗でありながらロリポップと比べて利用者が少ないのは何故かなと思っています。
コアなファン、もしくは商用利用が多いのかも?

ここはどうなの?さくらのレンタルサーバー

さくらのレンタルサーバーは契約途中のプラン変更ができません。
上位プランに移行したい場合は、別途上位プランを契約し、自分でデーター移行を終わらせて、今までのプランを解約という手順が必要です。

ここは惹かれる、さくらのレンタルサーバー

ステージング環境&バックアップという機能が無料!
ステージング環境は筆者にはあまり必要ないですが、
これがバックアップ機能もあるのでユーザーが自由にバックアップ・復旧の操作ができるということに注目です。

ロリポップは他社サービスと提携し有料でステージング環境の提供ははじめましたし、有料バックアップサービスもあります。
しかしさくらのレンタルサーバーでこれが無料というのはロリポップの負けかな!?
サーバーの表示速度としては取り立てて早いということはないようです。
何はともあれ、サイトをのぞいてみてはどうでしょうか?

ロリポップ スタンダードプランと比較される注目のクラウド型レンタルサーバー

最近耳にするクラウド型レンタルサーバーに注目

1台のサーバーの中に仮想化したサーバーを複数作りその1つに割り当てられたリソースをユーザーが占有する仕組み。
仮想化したユーザー領域により格安共用サーバーであっても他ユーザーの影響を受けにくいのが特徴。
その中でもロリポップ スタンダードプランと比較される月額500円クラスに注目してみます。

オールSSDのクラウド型サーバー:JETBOY

クラウド型に加えてSSD化もされていて高速処理を売りにしているようです。
JETBOY公式サイト
↓↓↓↓↓

JETBOYスクリーンショット
JETBOYスクリーンショット1

JETBOYスクリーンショット2

JETBOYスクリーンショット3
クラウド型のプランにはCPUとメモリーの割り当てが書いてあります。
その分のリソースが保証されているので、安定した処理が見込めます。
”安定性”ということには、利用者が込み合う夜間帯もサーバーのレスポンスが良いということも含まれます。

ロリポップのスタンダードプランに相当するJETBOYのプランが
ファーストSSDプラン 月580円~

プラン変更 (上位プランへのみ) OK
MySQL 20個
無料独自SSL OK
独自ドメイン設定 無制限
バックアップ機能 無料
WordPress自動インストール OK

転送量 無制限
PV数目安 月50万PV

<公式ページより抜粋>
基本的に転送量は無制限とさせて頂いておりますが、共用サーバーとなりますので30GB/1日を目安としてお考えください。また、転送量が30GB/1日を超過した場合には、弊社サポートよりご連絡させて頂き、CloudFalreなどの導入をご推奨させて頂いております。すぐに制限の対象となることはございませんのでご安心ください。

http://support.jetboy.jp/archives/faq/ 1日の転送量の目安を教えてください 。

ディスク容量 20GB
サーバーによりSSDとSSD/HDDハイブリッドがあるようですが、データベースサーバーはSSD化されている記述が公式サイトにあります。

おすすめポイント

とにかくサイトレスポンスが高速
WEBサーバーにApache上位互換のLiteSpeedエンタープライズ採用。
超高速!Apacheの3倍以上の応答速度!
モジュールPHPより52%高速、nginxより75%高速!

サーバーは28コアCPU、128GBメモリー搭載
実際ベンチマーク比較サイトでは格安共用サーバーとしては群を抜いて高速結果が出ています。
JETBOYが設置しているデモサイトがあります。
JETBOY公式サイトの表示が若干遅いのが気になりますが(笑)

バックアップ機能が無料
JETBOY側に毎日自動バックアップされたバックアップファイルを
ユーザーのローカルPCにダウンロード可能。
そのファイルでユーザー管理画面からワンタッチで復旧可能。

下位プランミニSSDプランでもMySQL3個使える
(ロリポップ 最下位プラン、ライトプランでは1個)、これはうれしいですね。
ディスク容量は5GBと少ないですが、
メール設定しなければ、意外に3サイト運営でも使い切れないんではないでしょうか?
サイトはそのままプラン変更できるので、コストを抑えて下位プランからスタートできるのはメリットです。

php.iniの編集がドメインごとに可能
(ロリポップではスタンダードプラン以上でPHPモジュール版を使うとphp.ini編集不可)

完全無料の3サイトまでの引っ越し代行サポートがあるのも面白いですね。
(ロリポップでは「WordPress簡単引っ越し」機能が追加されました)
2013年にできたまだ新しい会社ですし、今後の利用者アップと評価アップに期待したいです。

ここが惜しい

ロリポップスタンダードプランより月額80円高い

ファーストSSDプラン ディスク容量:20GB
同じ500円前後払うなら、ロリポップやさくらが大きなディスク容量を提供しているのに慣れてしまうと少なく感じます。

無料自動バックアップ
ユーザーが任意のタイミングでバックアップできないのが惜しい

回線バックボーン:不明
スタンダードプランPV目安が月50万PVとなっていますが、サーバーのハードスペックと合わせて、実際に大量アクセスサイトに対応できるのかは不明。
メールサポートのみ
メールマガジン機能なし
簡単インストールはWordPressだけ
無料で使えるブログなし。

オールSSDのクラウド型サーバー: スターサーバー

クラウド型+オールSSDのサーバーでロリポップとプラン名も価格帯も同じで構成も似ています。
2009年設立のネットオウルが提供していたサービスが、2017年にエックスサーバーの傘下になり、新サービスに変わりました。
だからか分かりませんが、この時点でサーバーのハードスペックはエックスサーバーと同じハイスペックサーバーになったようです。
エックスサーバーの方は2018年にさらにCPU・メモリーが増強されています。
スターサーバー公式サイト
↓↓↓↓↓

スターサーバー スクリーンショット
スターサーバースクリーンショット

スターサーバースクリーンショット

スターサーバースクリーンショット2

おすすめポイント

同じネットオウルのスタードメインで取得した独自ドメインをスターサーバーで使うと無料版からスタートできる。
(ディスク3GB、MySQL1個のみ:100MBまで、無料独自SSLもあり 、広告表示なし、メール機能なし
必要に応じで有料プランへ変更 できる

ロリポップのスタンダートプランと比較されるのはスターサーバーでも同じ名前のスタンダードプランです。

ディスク容量はロリポップに近い100GBで充分。

ロリポップより月100円安い。

クラウド型だけにプラン変更可能 (上位プランへのみ) 

ネットオウルのサブドメインが5個付いてくる
(ロリポップは1個)

独自ドメイン設定:無制限

無料独自SSL OK

php.iniの編集可能
(ロリポップではPHPモジュール版を使うとphp.ini編集不可)

簡単インストール:WordPress、EC-CUBE、PukiWiki

G Suite 簡単設定

ここが惜しい

仮想CPU・メモリー割当ての記述無し

メールサポートのみ

バックアップ機能なし

WAF (Webアプリケーションファイヤーウォール)なし

Telnet/SSH 接続ができない
(ロリポップはスタンダードプラン以上でSSHが使える)
WordPressの運用には特に必要なし。
FTPソフトとしてWinSCPをSFTP接続して使うには必要。

同じ月500円出すならロリポップの方がMySQL30個使える

無料で使えるブログなし。

転送量目安 スタンダードプラン:300GB/月
(ロリポップ スタンダードプラン:150GB/日 ← 月間ではない)

プロのブロガーやアフィリエイターでもなければ、ロリポップほど転送量はいらないのですが、なんか見劣りしますよね。

<公式ページより抜粋>
あくまで目安の値ですので、超過した際、すぐに制限を行うものではありません。ただし、目安値を著しく超過したり、超過した状態が長時間続くような場合には制限を行う可能性があります。

https://www.star.ne.jp/manual/homepage_server_spec.php

ロリポップ スタンダードプランと比較される注目のオールSSDレンタルサーバー

オールSSDのリトルサーバー

リトルサーバースクリーンショット
リトルサーバー スクリーンショット01

リトルサーバー スクリーンショット02

2016年からの新しいサービス。
こちらは、クラウド型でなく通常の共用レンタルサーバーですが、オールSSD化されています。
リトルサーバー公式ページ
↓↓↓↓↓

ロリポップのスタンダードプランと比較されるリトルサーバーのプランが
最上位プランのビッグプラン 月480円~

プラン変更: (上位プランへのみ) OK(ビッグプランが最上位プラン)
無料独自SSL:OK
独自ドメイン設定:無制限
バックアップ機能:無料
WordPress自動インストール:OK

<公式ページより抜粋>
リトルサーバーでは常にコストパフォーマンスを追及する努力をいたしております。
機能面では全てのプランでCronやSSH、独自SSLがご利用可能であり、サービス面でも全てのプランで自動バックアップを毎日実施しており、独自ドメインをお持ちでないお客様も提供ドメインを利用してマルチドメイン運用を実現可能とした、コストパフォーマンスの高いWordPress対応のレンタルサーバーです。

https://lsv.jp/service.php

おすすめポイント

公式サイトから抜粋

ビッグプランは収容ユーザーをかなり少なくし、リソースを十分確保しております。 高い処理能力が必要とされるシステムや、重たいサイトや動的処理を行なうシステムを多数運用されるお客様はビッグプランをご検討ください。
ディスク容量、転送量上限も十分余裕がございますので、リソース不足になる事は少ないでしょう。・・・ ビッグプラン用サーバーは、ユーザーの上限数を厳密に定めておりますので、ビッグプランのお申し込みが一定数に達しましたらサーバー調達までの間、お申し込みを一時的に保留させていただく事がございます。

https://lsv.jp/?plan_big#ltl

()内はロリポップ
ディスク容量:SSD 120GB (120GB)
MySQL:50個 (30個)
転送量:180GB/日(100GB/日)(150GB/日)
初期費用が安い
月額がロリポップより20円安い
無料お試し期間が20日間と長い

リトルサーバーのサブドメインが契約時1個+5個追加できる

簡単インストールの種類が多い
・WordPress
・movabletype
・XOOPS CUBE
・EC-CUBE
・ZenCart
・PukiWiki

php.iniの編集可能
(ロリポップではPHPモジュール版を使うとphp.ini編集不可)

月額150円からのミニプランでも基本機能は同じで、
ディスク容量:20GB
MySQL:3個使える
転送量:30GB/日
なので、
そこからはじめて、
ワードプラン→リトルプラン→ビッグプランと、
必要に応じてアップグレードできる。

ここが惜しい

メールサポートのみ?

回線バックボーン:不明

無料バックアップ
リトルサーバー側で1日1回7日分保存されているが、
ユーザーが任意のタイミングで実行できる機能ではない。
ただ、万一の復旧のためにバックアップデータを譲り受けるのに費用はかからないとされています。

WAF (Webアプリケーションファイヤーウォール)なし

無料で使えるブログなし

まとめ

以上、ロリポップレンタルサーバーとよく比較される月額500円前後のプランについて紹介しました。
ズバリ!サーバー代だけに年間6000円+消費税出せるなら、
ロリポップ スタンダードプランをおすすめします。
将来のサーバー引越を避けたい、複数サイト運営するにも基本仕様に余裕があるので作ることに集中できます。
ロリポップ ライトプランから始める手もありますが、MySQLが1個なのがネックになります。

※ここで朗報ロリポップにハイスピードプラン登場!

エックスサーバーのX10プランを意識したと思われる(筆者の勝手な感想)
月1000円からのハイスピードプランがリリースされました。
スタンダードプランと大きな違いは
・Webサーバー Apache →高い安定性を誇るLiteSpeed
・ハードディスク→オールSSD
・ディスク容量120GB→200GB
・速さと安定性を向上させるロリポップ!アクセラレータ
・バックアップの自動取得が無料
毎日バックアップ、最大7日分保存
(復元には手数料かかる)

月1000円の価格帯を用意したことで、
コスパと性能で群を抜いているエックスサーバーに匹敵する
評判が出てくることを期待したいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ←ポチッとお願いします
おすすめレンタルサーバー公式ページ
レンタルサーバー
おすすめレンタルサーバー|ロリポップ!スタンダードプラン
LINEモバイルなら年齢認証もOK!

当サイトおすすめ中古ノートパソコン3万円台
買いたい順ランキング
(時々更新)2020/06/27更新
3万円台で買える上限スペックのノートPCをPick Up!
☆は独断と偏見です。
人気のスペックは早く売り切れますので、悩んでいる方はお早めに。
下記を基準に選びました。
Windows 10 64bitできればhome よりPro
第3世代Core i5以上
15インチ以上
メモリー8GB以上
SSD
USB3.0あり・Webcamあり

できれば
光学ドライブDVDマルチ以上
内蔵無線LAN・Bluetooth

2020年になって3万円台で第4世代Core i5ノートパソコンが出回ってきました。
中古ノートパソコンではなかなかWi-Fi/Bluetooth内臓モデルは数が多くありません。

おすすめMRR参加ショップ
NEC VersaPro VK23T/X-R 第6世代 Corei5 6200U Windows10 Pro 39,800円

1位は、Windows10 Pro、ウェブカム・テンキー・Wi-Fi(IEEE802.11ac対応)・Bluetoothすべて内蔵

TOSHIBA dynabook Satellite B554/M Core i5 4210M Windows10 home 34,010円

Windows 10 Home 64bit、(Win10 Proではなかったのが残念)
ウェブカメラ有でWi-Fi IEEE802.11a/b/g/n・Bluetooth内臓はうれしい。

東芝 dynabook B554/U Core i5 4310M Windows 10 Pro 32,780円

ウェブカム無しだがコスパはいい

TOSHIBA DynaBook B65/W 第五世代 Core i5-5200U 2.20-2.70GHz

前回の第1位。久々に見つけた、ウェブカム・テンキー・Wi-Fi・Bluetoothすべて内蔵

よろしければフォローお願いします。
ロックギターとパソコンと、う〜んペットはいない