ASUS Zenfone4(ZE554KL-BK64S4I) 初期設定

Zenfone4セットアップ ASUS Zenfone

実機:Zenfone4 カスタマイズモデル
スクリーンショットで初期設定の手順を記録しておきました。
Android 7.1.1 のままの初起動の時のスクリーンショットです。
初期化したい時など、どんな感じだったか思い出すのにざっと見るといいと思います。

初期設定(セットアップ)開始

SIMカード未挿入、Wi-Fi環境あり。開封後充電完了して、初起動後に開始

スマホを初起動すると初期設定画面が起動します。使用する言語の選択です。
国内モデルなので 既に日本語になっています。「次へ」

SIMカードを挿して使う場合は通常この選択でOK 「次へ」

Wi-Fi接続画面
私の場合後でつなごうと思うので、「次へ」
前述のとおりSIMカードはまだ入れてませんので、それにかかる設定は出てきませんでした。

ASUSのエンドユーザーライセンス契約と個人情報保護方針です。同意しなければ先に進めません。私の場合、診断データ送信にかかるチェックボックスは外しました。「次へ」

「同意する」

データのコピーは使ったことがありません。前のスマホデータはGoogleアカウントにバックアップしてますし、LINEの移行方法は別にあるので、まずは素の状態で起動する為、「新規としてセットアップ」をタッチ

私は名前を入れずに次へ行きました。初期設定の内容は後から変更できるので、何に関係してくるのか入力してもいいかもしれません。「次へ」

必要に応じてON にします。
一番上GPSはいつでもon/offできるのでOFFのまま、二番目は選べないようです、三番目もOFFのままにしました。

指紋認証もPIN設定も後でできるので、これで「次へ」行きます

すると、この画面が出るので
「スキップ」

国内正規品を買ったのでサポート受けるためにも製品登録しましょう。ここでWi-Fi接続求められるので、最初につなげていてもよかったですね。

私の場合Zenfone2でASUSアカウント持ってましたのでそれでログイン。

ASUS製品登録終了後。
乗り換え前のスマホにGoogleアカウントが残っていても、同じアカウントでログインできます。私の場合、自動同期などが始まってほしくなかったので、
「スキップ」

上記の確認画面で「スキップ」

このまま「次へ」

ONのまま「次へ」

「無料券を引き換える」に移動して100GB容量をもらいましょう。
この機種の場合1年間無料です。期間終了近くにメールで通知が来ます。終わってこの画面に戻ったら「次へ」

初期設定(セットアップ)完了です。「終了」をタッチ
ホーム画面が見えて使い始められます。私の場合まだSIMカード挿してませんし、Googleアカウントも設定してないのでこれからやる事とします。

セットアップ直後のストレージ使用状況とホーム画面

内部ストレージはシステム予約領域含めて13.22GB使用されています。ストレージ64GBモデルなのでまだまだ余裕があります。


ホーム画面のアイコン配置は以下の通りで、最初はホーム画面とGoogle検索画面の2面構成になっています。画面は増やしていけます。

最初のシステム更新の通知

Wi-Fiにつないでいると(SIMはまだ挿してない)通知エリアにアイコンが・・スワイプダウンして「詳細確認」から更新します。

ASUS公式OSアップデート2018/04版

Zenfone4 はAndroid 7.1.1仕様ですが、Android 8.0の公式アップデートが配信されてきます。通知エリアにアイコンを見つけたら、スワイプダウンし、
「詳細確認」→「ASUSシステム更新」→「はい」でアップデートされます。

私の場合は、Android 7.1.1でしばらく使いたいので、ここで「後で」にタッチ

「手動でアップデートをダウンロードする」で「OK」
ところが、通知エリアの更新通知が表示されたままです。一度アップデートすると元に戻せませんので、気を付けましょう。最初から8.0で使えばGoogle Playのアプリはたいてい8.0に対応しているようなので問題ありません。
Android 8.0の更新通知を保留する方法

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ←ポチッとお願いします
おすすめレンタルサーバー公式ページ
ASUS Zenfone
おすすめレンタルサーバー|ロリポップ!スタンダードプラン
LINEモバイルなら年齢認証もOK!

当サイトおすすめ中古ノートパソコン3万円台
買いたい順ランキング
(時々更新)2020/06/27更新
3万円台で買える上限スペックのノートPCをPick Up!
☆は独断と偏見です。
人気のスペックは早く売り切れますので、悩んでいる方はお早めに。
下記を基準に選びました。
Windows 10 64bitできればhome よりPro
第3世代Core i5以上
15インチ以上
メモリー8GB以上
SSD
USB3.0あり・Webcamあり

できれば
光学ドライブDVDマルチ以上
内蔵無線LAN・Bluetooth

2020年になって3万円台で第4世代Core i5ノートパソコンが出回ってきました。
中古ノートパソコンではなかなかWi-Fi/Bluetooth内臓モデルは数が多くありません。

おすすめMRR参加ショップ
NEC VersaPro VK23T/X-R 第6世代 Corei5 6200U Windows10 Pro 39,800円

1位は、Windows10 Pro、ウェブカム・テンキー・Wi-Fi(IEEE802.11ac対応)・Bluetoothすべて内蔵

TOSHIBA dynabook Satellite B554/M Core i5 4210M Windows10 home 34,010円

Windows 10 Home 64bit、(Win10 Proではなかったのが残念)
ウェブカメラ有でWi-Fi IEEE802.11a/b/g/n・Bluetooth内臓はうれしい。

東芝 dynabook B554/U Core i5 4310M Windows 10 Pro 32,780円

ウェブカム無しだがコスパはいい

TOSHIBA DynaBook B65/W 第五世代 Core i5-5200U 2.20-2.70GHz

前回の第1位。久々に見つけた、ウェブカム・テンキー・Wi-Fi・Bluetoothすべて内蔵

よろしければフォローお願いします。
ロックギターとパソコンと、う〜んペットはいない