Intel HD Graphics 4000 + AMD Radeon HD7650M 搭載ノートパソコン

AMD Catalyst Control Center 中古パソコンのすすめ

残念 GPU動作固定できず

パソコン名:HP ProBook 4740s 発売時期2012~2014

CPU:Core i5 3210M  メインメモリ:8GB  SSD:480GB
Windows10 Home 64bit

中古で買ったこの良品ノートパソコンですが、いわゆるデュアルGPUモデルで
Switchable Graphics(スイッチャブル・グラフィックス)機能で通常は
内臓GPUのIntel HD Graphics 4000、必要な場合高い描画能力の外部GPUの
AMD Radeon HD7650Mに切り替わるところまでHPサイトで分かりました。

HPの上位ノートパソコンにはBIOSがSwitchable GraphicsのFix Modeに対応しているらしく、動作をどちらかのGPUに固定できるそうですが、このパソコンでは残念ながらBIOSにFix ModeがなくてPCにおまかせのようです。← 買う前に調べてなかったのでちょっと誤算(>_<)

Intel も AMDもWindows Updateからドライバーが入っていますが
見たところ内臓GPUのコントロールパネルしかありません。
Probook 4740s のHPサポートサイトで Windows10用のドライバー
「AMDビデオドライバーとコントロールパネル」を発見

AMD Catalyst Control Center

コンパネも無事入りました\(^o^)/

ベンチマークテスト

ベンチマークソフトはフリーでインストールもいらない Crystal Mark

CrystalMark 2004R7 ベンチマーク1
これが通常動作のIntel HD Graphics 4000 なのでしょうか、そういうことにしましょう

スコアが高いか低いかわからない
ローエンドグラフィックカードの世界ですが、比較するものがないとわからないので、さらに古いPCと比較
CPU:Celeron P4500 旧世代 Intel HD Graphics メモリー:4GB
Windows7 Pro 32bit のベンチマークは以下

CrystalMark 2004R7 ベンチマーク2
下から2番目3番目が2D描画スコア、一番下が3D描画

2D
6124 →→→ 11370
1614 →→→  6608
3D
2572 →→→  8535

おーーー、グラフィック性能のベースが上がってますね
CPU演算速度や、ストレージの読み書き性能など踏まえたトータルスコアも3倍ですね。こうこなくちゃ、Core i5  (第3世代ですが) 、SSDにした甲斐がないってもんですね

外部GPUで動作中のベンチマークがとりたい

AMD Radeon HD 7650Mのコントロールパネルで、アプリごとにハイパフォーマンス動作に設定できるのでベンチマークソフトCrystal Markを指定すれば
Radeonに切り替わってくれるのかな
結果は以下

CrystalMark 2004R7 ベンチマーク3

おーーー、3Dスコアが大きく伸びた。3Dテスト時はRadeonに切り替わったってことか
2Dスコアに変化なし・・・Radeonに切り替わらないのか

まあWindows Vista 時代のローエンドRadeonでもDear HunterやContact Warsで遊べていたので、今度のPCでもゲームの負荷によりRadeonに切り替わればそれなりにゲームにも通用するという判断にしときます。

ちなみに、他にもメジャーなベンチマークソフト使ってみました。←しつこい

PCMARK8無償版
一番軽い Home TestでPCトータルスコア 2540
グラフィックテストはDirectX9

PCMARK 8 無償版 ベンチマーク ProBook 4740s

PCMARK7無償版 基本的テストのみできてトータルスコア 4841
グラフィックテストはDirectX9
ベンチマークソフトによってベンチマークスコアに互換性はなしです

ゲームのベンチマークソフトってのがあるのか ←←← まだやるか

最強スペックが必要となっているファイナルファンタジーXV
あっさり、スコア617 動作困難でました

LOST PLANET2 (2010年発売) いけそうな推奨スペックかと思いきや
DIrextX9版 C判定 う~ん、何とかできそう
DIrextX11版 D判定 ちょっと困難

バイオハザード6 (2013年発売) GeForce推奨だがいけそうな・・
DirectX9 だが、C判定 ところによりフレームレート 一桁

ドラゴンクエストX (2013年発売) 低スペックPCでもOK!
推奨環境にHD Graphics 2000 入ってる。こんなの動くにきまってるから
試すまでもない

ここまでやれば自分のPCのグラボ性能がどの辺にいるかわかりました

どうしてもRadeonで動かしたいときはコンパネからアプリ単位で設定すればいいみたいです。それでも外部GPUに指定アプリの処理を引き渡すのは、確実ではないみたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ←ポチッとお願いします
中古パソコンのすすめ
おすすめレンタルサーバー|ロリポップ!スタンダードプラン
LINEモバイルなら年齢認証もOK!

当サイトおすすめ中古ノートパソコン3万円台
買いたい順ランキング
(時々更新)2020/06/27更新
3万円台で買える上限スペックのノートPCをPick Up!
☆は独断と偏見です。
人気のスペックは早く売り切れますので、悩んでいる方はお早めに。
下記を基準に選びました。
Windows 10 64bitできればhome よりPro
第3世代Core i5以上
15インチ以上
メモリー8GB以上
SSD
USB3.0あり・Webcamあり

できれば
光学ドライブDVDマルチ以上
内蔵無線LAN・Bluetooth

2020年になって3万円台で第4世代Core i5ノートパソコンが出回ってきました。
中古ノートパソコンではなかなかWi-Fi/Bluetooth内臓モデルは数が多くありません。

おすすめMRR参加ショップ
NEC VersaPro VK23T/X-R 第6世代 Corei5 6200U Windows10 Pro 39,800円

1位は、Windows10 Pro、ウェブカム・テンキー・Wi-Fi(IEEE802.11ac対応)・Bluetoothすべて内蔵

TOSHIBA dynabook Satellite B554/M Core i5 4210M Windows10 home 34,010円

Windows 10 Home 64bit、(Win10 Proではなかったのが残念)
ウェブカメラ有でWi-Fi IEEE802.11a/b/g/n・Bluetooth内臓はうれしい。

東芝 dynabook B554/U Core i5 4310M Windows 10 Pro 32,780円

ウェブカム無しだがコスパはいい

TOSHIBA DynaBook B65/W 第五世代 Core i5-5200U 2.20-2.70GHz

前回の第1位。久々に見つけた、ウェブカム・テンキー・Wi-Fi・Bluetoothすべて内蔵

よろしければフォローお願いします。
ロックギターとパソコンと、う〜んペットはいない